FC2ブログ

南の方からノラヒツジ

このブログはノラヒツジとその下僕がのんべんだらりとバンコクでの生活を綴る、そんなブログです。前は大陸横断とかしてました。

インドの空に舞い上がる日本のデザイン

気がつくとお盆のシーズン
里帰りの時期となってしまいましたが
いまだ日本に帰国のイメージすら掴めません

こんにちわ
お盆を二年連続で
異国で過ごしている下僕でございます

そういえば
日本の盆踊りの習慣は
基本仏教の開祖ブッタの弟子が
ついに悟りを得た瞬間に
嬉しくて思わず踊りだした逸話と
日本独自の彼岸思想が混じって出来たと
何かで読んだような気がするのですが
仏教発祥のこの地では
お盆はあるのでしょうかね?

ヒンディ教の方だとお墓も作らないですし
死後は輪廻転生の教えがあるでしょうから
日本でいうところの『お盆』のようなものは
無いのかもしれません

さてここジョードプルに
到着してもう1週間経ってしまったわけなのですが
実は未だに観光名所の砦を
まだ見ていなかったりします

と言いますのもですね

 暑 い

先週までいたウダイプルが
涼しすぎたおかげもあってか
この灼熱地獄を髣髴とさせる
太陽光線の容赦の無さに加え
牛やらラクダやらが大量に
悠々と色々と道に落し物を振りまきながら
歩いておりまして
全く持って観光の気合が失われておりました

そんな訳で
観光をせずにに何をしていたかと言いますと

凧を作って遊んでおりました

と言いますのも
今滞在しているここジョードプルは
かなり凧が流行っておりまして
朝夕の風が出る時間になると
地元民の方が楽しそうに凧をあげているのです

そんな場所で
小学校時に尊敬する人が
『のっぽさん』であった私下僕

それから一週間ほど
「でっきるかな、でっきるかな?~♪」
と鼻歌を歌いながら
凧作りをしていた次第でございます

いやしかし
日本の和凧(四角い凧)は
製作が難しい事難しい事

骨組みや紙張りまでは
幼少期の記憶を頼りに
何とか完成させる事が出来るのですが
その後の『糸目』が中々に難しい

宿のスタッフのちびっこに
「糸目どうやるんだっけ?」と聞くと
インドカイトと同じ感じで
糸目をつけてくれるのですが
やっぱりどうもうまくいかない

そんな時役に立つのが
やっぱりネットでございます

一日掛りで手作り凧のサイトを見て周り
やっと二号機にして
日本の角凧が
インドの空に舞い上がりました

(ちなみに初号機はインド風の糸目で
宿スタッフでもある凧職人の少年に
無理やり上げて貰った所ほかのインド人の凧に喧嘩で負け
文字通り『糸の切れた凧』となりインドの空に散ってしまいました)


こちらのインド凧が糸目二本で
落ち着き無く上下するのに対し
日本の角凧は糸目4本

しかも骨組みを作るときに
徹底的にバランスを取りながら組んだため
一度風をつかんでからは
非常に綺麗に悠然と空に上る
下僕製作の角凧

城壁と砂塵舞うインドの町に
わが国スタイルの凧が上がる姿は
中々に誇らしいものがありました

さてこの後は
凧製作に夢中になって作成が遅れていた動画を
必死で作る所存である
下僕でございましたよ




……まだ八月上旬ですよね?


<<今日の写真>>
P8071106.jpg
そんな訳で材料として買った色々

P8121156.jpg

ちなみに骨の部分の竹棒は
その辺の道に落ちていた壊れた凧のパーツを
再利用して使いました

P8071109.jpg
こちらがインドの空に散った『初号機』
尚糸が切れた凧は
その後一番最初に拾った人が
所有権を有すると
スタッフのちびっ子は言ってました

P8101142.jpg
そして数日をかけて完成した『二号機』

P8101149.jpg
本当に綺麗に上がり

P8101147.jpg
宿の『大人の』スタッフにも大好評でしたよ




________________________以下下僕よりコメントお返事__________________________

>>ラガーさん
ジャイサルメールは行った人は皆お勧めなようなので
次の町候補の筆頭としておりますよ
キャメルサファリが腰に来ないといいんですけどね

あとインタビューの件は
全力でスルーさせて頂きます

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/13(木) 20:54:25|
  2. ジョードプルの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

経験値と好奇心の反比例グラフ

8月も本番に入り
そろそろ日本の夏も
到来した頃合かと思います

こんばんわ
去年の6月より
南国→荒野→極地→ヒマラヤの国→カレーの国と
日本の四季のペースを
完全に無視した旅を続けているので
もう日本の四季の感じが
よく分からなくなっていそうな
下僕でございます

配分良く四季のある日本は
やっぱりいい国だと思いますよ

ちなみに今のカレーの国の四季は
『ホット』『ホッター』『ホッテスト』の
三種だと言うことです

さて前日
ウダイプルからバスで北上すること
約8時間弱

町の丘の上に巨大な砦を構える
『ジョードプル』に到着しました

ここはウダイプルより平地にある上
湖があるわけでもなく
非常に暑くまた誇りっぽくございますが
宿から見える景色は中々に絶景で
非常に楽しい町になりそうな街なのですが

それ以上に先日
少々思うことが
私下僕にございました

といいますのも
ジョードプルの宿にて
久しぶりに学生さんにお会いしたのですが

まーこちらの方の
目が輝いていること輝いていること

お話をお聞きしますと
何でも初の海外個人旅行で
ここカレーの国に来たと言う事で
ムンバイからインドに入り
ここまでたった10日で辿り着いたという
今の下僕のペースから考えると
かなりのハイペースでのご移動中との事

しかも話を聞けば聞くほど
何といいますか
『見るもの全てが新鮮で楽しい!!』
『新しい経験を全身で堪能!!』
『休んでる暇なんて無い位刺激的!!』
と言うオーラが全身からほとばしって降りまして

いやーー
まぶしいまぶしい

そういえば今を遡る事9年前
19歳だった下僕が初海外で
タイ→カンボジア→ラオス→タイと
たった一ヶ月半で回りきった時は
あんな目をしていたのでしょうけども

今現在の
何もかもそれほど珍しく感じず
最近では
子供を連れたバクシーシにすら
全く心が動かなくなってきた
この磨耗っぷり

なんというか
旅の垢で色々と麻痺しているような
そんな感じがしてしまいました

そういえば初めてタイに行った折
旅の大先輩が
『旅の経験値を得るとその分色々トラブルは減っていくけど
それと反比例して旅への好奇心が減っていくよ』
とおっしゃっていまして

その時は
『海外来て好奇心が減る訳が無い』
と思ったものでしたが

確かにその言葉が的中している
現在の下僕の現状

ともあれ
これからの時期学生さんに
接する機会が多くなる時期なので
色々と初心を思い出したいと
そんな事を思った下僕でございましたよ

<<今日の写真>>
P8061088.jpg
そんな訳でジョードプル名物の
巨大な砦

P8051063.jpg
宿から見える景色でも
『ブルーシティ』の通称が分かる感じです

P8051072.jpg
ちなみに昨日の夜はちょっとしたお祭りで

P8051076.jpg
中々に美しい夜を堪能できましたよ

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/06(木) 23:25:42|
  2. ジョードプルの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ

プロフィール

ノラヒツジ

Author:ノラヒツジ
ニコニコ動画に旅先から動画をアップしてます。
『大陸横断ひつじ旅』

質問感想叱咤もろもろ、ありましたらメール下さると嬉しいです
hitujikaware@hotmail.com
フォローミーとか言えばいいのでしょうか?
ツイッターはじめてみました


今までの移動遍歴。
沖縄→台湾→中国→香港→
中国→チベット→ネパール→インド→
タイ→インド→イエメン→エジプト⇒イラン
⇒トルコ→ブルガリア⇒セルビア⇒モンテネグロ
⇒クロアチア⇒イタリア⇒フランス(通過のみ)
⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン
⇒ポルトガル⇒日本(帰国)⇒バンコク(再就職







<<ただ今の現在地>>>
タイランド バンコク


powered by TomiryuMap
ランキングに参加してみてます
もしよろしければ
↓をぽちっとやって頂けれると嬉しいです

FC2 Blog Ranking
blogramランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

Twitter

羊飼われ < > Reload

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード