南の方からノラヒツジ

このブログはノラヒツジとその下僕がのんべんだらりとバンコクでの生活を綴る、そんなブログです。前は大陸横断とかしてました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご質問その6『旅先での意思疎通のメソッド』

そんな訳で一週間に更新連続企画最後の三つ目
今週最後のご質問は名無しの方からこんな質問です

羊飼われさんが旅してきた中で、一番楽しかった国はどこですか?

う~ん…これでは漠然としてますよね。正直、楽しかった国はいっぱいあるでしょうし。
なのでいくつかジャンルで分けて、長々と書いてもかまいません。
「散策していて楽しかった国」、「現地の人と交流して楽しかった国」
「食べ物が美味しかった国」(塩がUMAすぎる国かな?)
などなど。

あと、ブログを読んでて気になったことが一つ。
羊飼われさんは、外国の言葉の大まかな翻訳ってどうやってできたんでしょうか?
話し方で分かるニュアンス?現地で養われた言語感覚?
わたし、気になります!  (ちと古いな


えるたそは可愛い


                  ____
                    ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           .::::::::::::::::::::::::::::::::l::::|:::::::: |:::::::::::::::::::::::.   わたし、気になります!
              ′ ::::::::::::::::::::::::|::レL::::::_|L.|::|:|::::::::::::::.
          .:::::::::::::::::::::::::: |x≦     ァ=ミト、|:::::::::::
         .::::::::::::::::::::::i 〃んiハ     んハ Ⅵ ::::::::|
         .::::::::::::::::::::::::i小弋)ソ    弋ソノ |:::::::i::|   
           :::::::::::::::::i :::: i |  ::.::     .   ::.:  '|:::::::i::|
        ::::::::::::::::::| :::: i_'u      _     ム :::: i::|
        ::::::::i:::::::::| :::: i ::ゝ.     ´ )    イ :|:::::::i::|
          | :::: i:::::::::| :::: i:::::::i|>   _,,. イ:::::!:::|:::::::i::|
          |::::|::i:::::::::| :::: レ─リ       トミ:::::::i:: |:::::::i::|
          |::::|::L:::::::| :::: |i:i:V       ト、i:i:\i::_|:::::::i::|
        /⌒^\\| :::: |i:i:i|      │i:i:i:i:i:i:|:::::::ト、
         \ \|/i:: |i:i:i|>=……<|i:i:i:i:i:i:i:| ::リ ハ
      l      .  ヽi:: |i:i∧      |i:i:i:i:i:i/| ::|   |
      |     r∨ 八::レ ⌒\    /:i:i:i/⌒\|   |

<<氷菓より 千反田える嬢>>
あの文科系男子の好みをピンポイントで狙ったと言うか
『ああ・・・僕の高校時代にあんな子がいたらなあ・・・』と思わずにはいられません
あと十文字事件の才能のあるヤツとそれを回りで見せ付けられるヤツの
対比の話はかなり好きな部類のお話でしたね

あれ?問題意図を間違えてます?

こほん
えーと

まずはジャンルに分けて
色々ランキング的なものをあげていくと言うのは
結構大ネタというか
続き物として長くやれそうな気がしますので
それはまた次の機会に
別のコーナーでじっくりやる事にします

別にネタが尽きたようにじゃないですよ?

そんな訳でもう一つのご質問
言葉の翻訳についてお答えしたいと思います

基本的に旅先で
僕は日本語と英語だけで乗り切っておりました

加えて僕は
英語力が非常に優れている訳でも
第二外国語が出来た訳でもありません

では
英語以外喋れない僕が
どうやって乗り切ったかと言いますと
先ずは新しい国に入りましたらその国の言葉で
「こんにちは」
「ありがとう」
「さようなら」
「○○はどこですか?」
「コレください」
「美味しい」
「これはいくらですか?」
「高い安くしろボケが!」

の7つの言葉を覚え
その後に可能だったら数字の数え方を覚える方法で行ってました

と言いますのも
現地住人と会話の必要性が生まれる状況というのは大きく分けると

その辺何かを買う場合と
レストランで何かを注文する場合と
どこかに行きたい時に人に聞く場合

の三つだけに分類されちゃったりします

そしてその場合においては
先の7つの言葉と
数字が言えてしまえばなんとかなります
数字が難しいのなら
メモ帳とペンで値段交渉でも
さほどは問題がありません

PA020536.jpg
<<特に中国は漢字圏なので 結構筆談がいけます>>

また
世界中でアメリカヨーロッパの映画がやっていて
英語教育もやってる場合が多いので
「簡単な英語」
が結構その辺の人に通じますので
簡単な意志疎通ができる場合も多いのです

更に一番面倒で大変な宿代交渉は
基本的に宿のカウンターの連中は
大体英語が喋れますので
そこでの現地言葉の必要はありません


つまりは良くある旅の物語で
素晴らしくてやるべきだとされている
『現地住人との心のふれあい』なんぞ
必ず必要と言う訳じゃない!!
無理にコミュニケートなんぞいらん!



従いまして
必要なのは多少の英会話力
具体的には
5W1Wとto不定詞
中学校卒業レベルで分かっていれば
事実どうにかなってしまいます


例を出しましょう
今みなさんは駅前にいます
そこにどうみても外人さんが
線路図をみながら困っている様子

          _,,、、、、,,__
       ,、-''".:::::::::::::::::::::..`'ー-、
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヽ、
    /.::::;:;;、-────……ァ::::::::.\
   /.::::;:;:;;/           |;;;;;;;;:;:::::.\
  ,/.::::;:;:;;i゙               {;;;;;;;;;;;;;:;::::::.ヽ
 /.:::::;:;:;;;|      _      );;;;;;;;;;;;:;:;::::::.ヽ
 |:::::::;:;:;;;|,,ェ'ニミ! r'レ-三ミヽ <゙;;;;;:::..:;;;;;:;:;:::::::゙i
 ゙!:::::::;:;;;ドr,,v='  ト''-"ー'>ゞ ヽ;;;;;::...:;;;:;:;::::::::|
  ヽ::::::;;;|      ´       ),、;;;;;;;;...:;:;::::::|
   ヽ:::;;;|   ,、_,,,,、      ,;ツ ヲゥ;;;ッ:::::::/
    `-i   -ミ,=ミ)        .  r゙:::::/
 .      |              ノゝノ::::;/
       |  ノ゙''~~'''^=    ,,ィ;''  L,. | オーウ・・・
     ,/ヽ  -'~゙        ,、-''" ゙i   コマリマシター・・・
    <゙   ヽ      ,,ィッ ,、-''"、=''う |,ィ=、、
      \  ゙゙''=ェェェニプ,,イ" /,、=''"-" | (r-、ヾ
      \ 、、___,,ィ',/ ,、,、 ー'''"´   `'-、,,_

その外人さんと目あった際に
「イキタクゴジマス イクラ シラナイ ウエノ ジブン  トレイン チケット 」

文法的にはしっちゃかめっちゃかな
たどたどしい日本語で尋ねられたとして
なんとなく意味は分かると思います

それと同じように
状況が分かる場合なら
取りあえず単語を並べるだけで
あちら側が何とか分かってくれる事多いのですよ

またもう一つ
異国において物凄く重要な
向こうの意思を確認する術は
表情です

当たり前の事と思いがちですが
喜怒哀楽の表情と言うのは世界共通

【喜】
            rヘ   /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   /::ヽ
           /:::::l /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/:::::::/:\
          i:::::::::/: : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : \::/⌒ヽ
          l:::/: : : : : : : : : /l: : : : : : :lヽ:_: : : : : : : : : : :li: : : :ヽ
          l/: : : : : : -‐‐-/、l: : : : : : l'"ヽ: :  ̄: : : : : : : : :l: : : : :.',
          /l: : : : : : : : : :./  l: : : : : :l   ',: : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
          /:.l: : : : : : : : :./   ',: : : : : l   ',: : : : : : : : : : :li: : : : : :.',
  ヽヽ    /: :.l: : : : : : : :./  - 、\: : : :レ-  ヽ: : : : : : : : : li: : : : : : :.',
        /: : : l: : : : : : :/ /⌒ヽ  ヽ: : l /⌒ヽ\: : : : : : :l.l: : : : : : : :',
  //    ,': : : : :l: : : : : :ハ        \l      lヽ: : : : :,' l: : : : : : : :.',
       ,': : : : : :l: : : : :,':⊂二⊃   '    ⊂二⊃l: ヽ: : / l: : : : : : : : :',
  ヽヽ  i: : : : : : :l: : : :,':::::l      __       /: : :.V  l: : : : : : : : : ',
      l: : : : : : : l',: : iヽ::::',     i7   ヽ     /l: : :/   l: : : : : : : : : :.',
.      l: : : : : : : :! ヽ:l ヽ:::lヽ   ヽ    /  / l: :/     l: : : : : : : : : : ',
      l: : : : : : : :l.  `!  i::::l__.> .._ ` ‐ '" /l   l:/       l: : : : : : : : : : :',
     l: : : : : : : : l    l::::::ヽ‐‐、  l ─ '"  l._        l: : : : : : : : : : : ',
.     l: : : : : : : : :!     ̄ ̄ ̄/: : l      ,!: : ヽ         l: : : : : : : : : : : :',
     l: : : : : : : : :l         i: : : l  _.. ノ: : : : : ヽ      l: : : : : : : : : : : :.',
      l: : : : : : : : :l       /l: : : /`Yヽ: : : : : : : : /‐-- .._ l: : : : : : : : : : : :
.     l: : : : : : : : :l  _.. -‐ ': : : l: : :/::/ ヽl: : : : : : /: : : : : : : : : ヽl: : : : : : : : : : : :
    l: : : : : : : : :.l /: : : : : : : : : l: :/:::〈⌒Y::l: : : : :./: : : : : : : : : : : :l.l: : : : : : : : : : : :

【怒】
             /::7ヽ '": : : : : : : : : : : : : : : : : :` 、   r─‐┐
               /:://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ l::::/:::::l
               /::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`l::::rヘ:::l
           /::/: : :/: : : : : :.,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l/: : : :ヽ
            /:l/:./: : : : : : : / l: : : : : l: : : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : ヽ
            /: /: : : : : : : : :/  l: : : : : ト: : : : : : ┛┗: : : :l l: : : : : : :',
.           /: :l: : : : : : : : : :/   l: : : : : l ヽ: : : : ┓┏: : : :l: :l: : : : : : :',
         /: : :l: : : : : : : : :/ヽ   ',: : : : :l. \: : : : : : : : : :ト、 l: : : : : : :.',
.        /: : : :l: : : : : : : :/  \  ',: : : :.!/ \: : : : : : : :l:::〉l: : : : : : : :',
       /: : : : :l: : : : : : :/ r─- 、ヽ \: :l r──r┐: : : : : l/ l: : : : : : : :.',
        /: : : : : :',: : : : : :.l l. l::::::::::〉   ヽl. ',::::::::::!/l: : : : : :.l  l: : : : : : : : :',
.     ,': : : : : : : ', : : : : :ハ  ヽ:::::/       ヽ::::ノ !: : : : :./   !: : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : :ト、: : :.l: l      '        l: : : : /    l: : : : : : : : : ',
.     ;: : : : : : : : : l \: l: ヽ             イ: :/l/     l: : : : : : : : : :',
     i: : : : : : : : : :l   ヽハ:| >、   ─(    イ l: /       l: : : : : : : : : : ',
    l: : : : : : : : : : !     l::::/ ` r .. _,、 '゛ l.‐l/        l: : : : : : : : : : :
.    l: : : : : : : : : : l     `─ /:l      /: : :l          !: : : : : : : : : : :
    l: : : : : : : : : : :!        〈: : :.〉   /: : : : : l.        l: : : : : : : : : :
.   l: : : : : : : : : : :l        l: : /: :ヽイ: : : : : : : :/‐- .._      l: : : : : : : : : :
   l: : : : : : : : : : :.l _.. -‐ '"/: :l: /: 〉‐‐〈: : : : : : :./:/       、   l: : : : : : : : : :
.   l: : : : : : : : : : : l /     l: : :l/: : l   ハ: : : : : /: l       i  l: : : : : : : : : :

【哀】
            /::::l  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   /::::ヽ
              /::::://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/::::rへi_
          /:::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:::::i: : : : ヽ
.            //: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : :く:::::::::l : : : : : ' ,
         /: : : : : : : : : : : : :/ !: : : : : : : : : : : : : : : : : :\:::::l: : : : : : :',
.           /: : : : : : : : : : : : /  !: : : : : :i: : : : : : : : : : : : : :ヽ::l: : : : : : :.',
       /:l: : : : : : : : : : : :/   ',: : : : : ト、: : : : : : : : : : i: /_: :l: : : : : : : :',
.       /: : :.l: : : : : : : : : : /     ',: : : : :! \: : : : : : : :.l/::::ヽ.l: : : : : : : :.',
      /: : : : l: : : : : : : : :./  __ノ  ',: : : :.トへ---: : : : : :.l::::::::::l l: : : : : : : : ',
.     /: : : : : :',: : : : : : : /'" ̄ .._  ',: : : l r‐ \: : : : :l::::::::::l !: : : : : : : : ',
    /: : : : : : : ',: : : : : :.ハ r‐ ─、   ヽ: : ! r'" ⌒>: : : l::::::::/  !: : : : : : : : :;
    /: : : : : : : : i',: : : : :l::::l ゝ'"⌒    ヽl ` ⌒つ: : : :l::::::/  l: : : : : : : : : i
.   /: : : : : : : : : l ',: : : :.!:::::l//o////  、   /////l: : :/- '     !: : : : : : : : :.l
  /: : : : : : : : : :.l. ',: : :.l::::::l、      ___    /l: :/        l: : : : : : : : : l
  /: : : : : : : : : : :!  ヽ: lヽ::|_.>   i゛__ ) ィ  !:/         !: : : : : : : : : !
 /: : : : : : : : : : :l    ヽ! l::l.  _ > .. _ ... '゛lヽ、l/        l: : : : : : : : : :l
./: : : : : : : : : : : l      ヽV:::::::`く: |      レ: : \          l: : : : : : : : : :l
: : : : : : : : : : : : l        `─‐イV     /: : : : :.〉        l: : : : : : : : : :l
: : : : : : : : : : : : !         イ: : : : \_ イ: : : : : : :.l ` ‐- .._   l: : : : : : : : : :l
: : : : : : : : : : : :.l   ,、 '"  ̄ l:.:l: : : : : :/{  ∧: : : : : : :l、      ヽ. l: : : : : : : : : :l
: : : : : : : : : : : :.l  /     /:.:.l: : : : /:.:}⌒i:.∧: : : : : l:.i        i. l: : : : : : : : : :!
: : : : : : : : : : : :.l.  i      i:.:.:.:l: : :./:.:./   l':.:.:',: : : : :l:.:l         l. l: : : : : : : : : l

【楽】

                 / :::::: ::/.-‐'\:::::|`ー七:::| ::::::::::::|:::」| ハ
              | ::::::::::::|   _  \| _  \|: :::::::::::|::::::|:::::::|、
               |l: ::::::::: | P⌒!::::::::::´P⌒!l: ::: :::/:::::|l::::::::゙l
            ハ::::ヽ、lゞ冖^::,:::::::::: ̄^`|:::::/__:::::/.|:::: :: |
                |:::::\::::|`゙      _, ィ  l/:::|-'::::/ |::::::::::|
           /::::::::::|ヽ:|ゝ、`'マ二.._/   |:::::/_/  |:::::::::::
           /: : ::::::|  ゙   >- __ ,, -‐ィ |/     |:::::::::::
            /::::::::::::| ,,-―'/:::ゝ、_,,,-''´ >-―-、   |::::::::::::
         /::::::::::::::| .|  ,./.|:::,イヾ、::/ l´   ヽ    |:::::::::::
         /:::::::::::::::| |  ./::: '´/‐.|. `´   |     |   |:::::::::::::
        /::::::::::::: :::| |__./:: : : /  |::: : :: :: :l、    |   |:::::::::::::
        /::::::::::::::::::|  |‐.|::::::::::|: : : |: : : : :: :ヽニ==|   |::::::::::::
      /: : :: :: :: :::|.  |::::ヽ.......|: : : |::::::::::::::::/|::::::::::|   |::::::::::::::
     /: :: : :: : :: :: :|  |:::::::|::::::|: : : :|::::::::::: : | |:::::::::::|  |:::::::::::::::
    /: : : :: :: :: :: :: ::|   |:::::::|:::/_: : : :|::::   |.|:::::::::|  |::::::::::::::::
.   /::: : :: : :: : :: ::: ::|  /:::::/::::|ニl : : ::|::::::::::: :| |:::::::::::l、/:::::::::::::::::
  /::: : : :: :::::::: : :: ::|  .|::/-‐.|ニl: : ::/:::::::::::::`l |::::::::::::∨: :: :::::::::::
  |:: : : : : :: : :: :: ::::|_,,-イ--、::::::〉: :/ ::::::::::::::ヽ|::::::::::::/: : :: ::: : ::
  |: : :: ::::: : : :: :: l ̄:::::::::,:::::::` '::::`´ヽ--―- 、_ヽ|:::::::::/:  : : :: :::::
  ヽ ::,-‐''´l: ::: :ゝ- '''イ--,,------ 、_::::::::::::::`l.|:::::/:,:: ::::::::::::::::::::
 ,,/::::::::::::::::ヽ---'''ヽ_>:──=ニー´、_の ヽ、:::::::::::`//.|::::::::::::::::::::::


この表情と言うヤツは
かなり言葉が通じない際の指標として役に立つのです

つまり単語を何とか並べて
こっちの表情をくるくる動かし
向こうの表情を読み取れば
結構言葉が通じなくても
意思疎通が出来ちゃったりします

とここまで書いてふと思ったのですが
人種の坩堝と言われるアメリカの方は
必要以上にオーバーリアクションだってのは
言葉が通じない相手が多い環境が作った
ある種の民族性なのかもしれないですね

そんな訳で
一重瞼で日本顔の僕も
『ありがとう』
『いいね』
『やあ』などの意味を内包する
ウィンクが便利なのを教えられ
旅行中に結構多用していたような覚えがあります
(`・∀-´)ノ

そこキモイとかいうなし

以上
参考になったかどうかは分かりませぬが
僕の海外言語事情はこんな感じでございました

まあ実際のところは
言葉がもっと通じたらもっと楽しかったろうなあ
と思う事も結構あったような気もしますけども

特におねいさんに話しかけるときとかね!!

正直言語は慣れな部分と
その人のセンスによるところが大きく
僕が旅先で出会った子なんかは
2ヶ月その国で生活するだけで
もうそこで簡単な会話が出来るようになり
僕が「すごいなあ」とほめたらら

   ,人   ト、.__..、 l  l /-‐'_,...ノ
  / ./ ヽ_   /,.、....、ヽ レィ / /,.!、
 ゙ヽ ヽ/ `Y l:::::::::} jノイ ! / //-<
  >‐v',ィ:::ヽ ヽ `¨"´/_.. ┴v、/ ハヽ.      えっ………
  ',゙ト、',ヽ:;_ノ  /`¨´.//,.,.ニ /ヽ. ) ノ }     二ヶ月もいれば
  ヾ-' i>、ニィ  i //r弋リ i   Yoハ    自然に耳が覚えません?
     !、i r-- _{、  - ̄  ',  i´ヘ人
      .`トにツ,l   ′  ',  .! jノ l_ノ⌒ヽ,
       ヽ\´ L._ r __,.   / /Vヒ^ー'         `¨ \ ー' '´,ィ  /./イ }.l:ヽ   )
  /"¨ ̄ ̄ ̄ ̄::::::lヽ、¨´  // /⌒V:::::}゙丶´、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::トuヽ¨ニ´ f:l i ヽ,ノ/:::::::::::::::`>
  ::::::::::::::::::::::OムOムヽソ)  .l::', ヽ'/::::::::::::::::::::::::::::::

と人としてのスペックの差を見せ付けられたりしましたが
そんな僕でも
何とか無事にユーラシア横断出来ましたので
そこまで言葉の心配はしなくても良いのではないかと
無責任に〆たところで
今週の三回に渡った
連続更新週間を終わりにさせて頂きます

でもまあ
更新数を増やすとやはりヒット数も増えるので
週に2回ペースとか出来たらいいのかもですねえ

ともあれ
また来週お会いしましょう

ではまた
スポンサーサイト
  1. 2013/07/07(日) 03:11:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ご質問その7『ユーラシアの食べ物めぐり その1』 | ホーム | ご質問その5『国内旅行のエトセトラ』>>

コメント

先週はお疲れ様でした。
&僕の質問を拾って下さってありがとうございます。

実は、えるたそネタを出したものの氷菓の話の内容は忘れてしまい、
「やっべー会話が盛り上げられねー…」
と書き込むのをためらっていました。

でもそれでも、やっぱり深夜のテンションで投稿してしまえと思って、
やっちゃいました><


>>お楽しみだった国について
分かりました。では、いつか旅話が読める日を期待して、いつまでも待っています。
あと、何故かカキのことが頭から抜けてました^^;

>>異国の言葉について
なるほど。では、今まで何度かブログに出てきた宿主達の会話は、
羊飼われさんの脳内補正がかかっていたのですね。
羊飼われさんがハイスペックで成せたことなのかと疑ってたりしましたが、
安心しちゃいました。

確かに、表情でもどういう状況にいるのか分かりますよね。
あとは、ただの返事でも声の抑揚で良し悪しが分かったりとか。
トーンが下がったらダメっぽいし、上がったらOKっぽい(か、なんか企んでる)し。



では、また何か聞きたいことを思いついたら遠慮なく質問します。

オヤスミナサーイ。
  1. 2013/07/11(木) 01:56:44 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norahitujinotabi.blog32.fc2.com/tb.php/378-1fdd235e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:ノラヒツジ
ニコニコ動画に旅先から動画をアップしてます。
『大陸横断ひつじ旅』

質問感想叱咤もろもろ、ありましたらメール下さると嬉しいです
hitujikaware@hotmail.com
フォローミーとか言えばいいのでしょうか?
ツイッターはじめてみました


今までの移動遍歴。
沖縄→台湾→中国→香港→
中国→チベット→ネパール→インド→
タイ→インド→イエメン→エジプト⇒イラン
⇒トルコ→ブルガリア⇒セルビア⇒モンテネグロ
⇒クロアチア⇒イタリア⇒フランス(通過のみ)
⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン
⇒ポルトガル⇒日本(帰国)⇒バンコク(再就職







<<ただ今の現在地>>>
タイランド バンコク


powered by TomiryuMap
ランキングに参加してみてます
もしよろしければ
↓をぽちっとやって頂けれると嬉しいです

FC2 Blog Ranking
blogramランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

Twitter

羊飼われ < > Reload

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。