南の方からノラヒツジ

このブログはノラヒツジとその下僕がのんべんだらりとバンコクでの生活を綴る、そんなブログです。前は大陸横断とかしてました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心が折れて一日FU☆TE☆NE☆

本日は7月7日
日本では七夕なのですね

私下僕は北の熊と蟹の国原産なので
実は七夕は7月ではなく
8月なイメージがあったりします

こんにちわ
織姫と彦星の
年に一回の逢瀬のカウントは
北海道の一ヶ月のずれの場合は
いったいどういう換算になるのか
少々興味がある下僕にございます

その場合は7月8月の
合計二回に増えるんですかね?

うん彦星はもげればいいと思います


さて
昨日の朝方にバスによる移動が終わり
本当なら今日の夜の
列車の便で更に北上し
『アフマダバード』へ向かう予定だったのですが……

昨日一日不貞寝を決め込んでいたため
半日ほど移動が遅れてしまいました

いやいや理由はあるのですよ理由は

まずは乗ったバスの件からお話しましょう

そのゴアからムンバイまで乗ったバスなのですが
日本ではお目にかからない
不思議なクラスのバスでして
その名も『スリーパークラス』

いままで一度も乗ったことは無かったのですが
地元のインド人の方に
「シートの席と違って、完全にベットに横になって寝られるから、
ほとんど疲れなく目的地に到着出来るよ」
との事でして
『バスにベットってどういうことよ?』と思いながら
バスに乗り込んだんですね

そうして中を見ますと
確かにバス内にベットが並んでいるのですよ
イメージとしましては
列車の2等寝台の二段ベットの
二畳弱くらいのボックスが
バスの左右に設置してあって
真ん中に細い通路がある感じです

『ああこのバスならば
この旅始まって以来の
移動中熟睡が出来るかもしれない』と
バス内に入った瞬間に
嬉しく思ったことを覚えています

しかし忘れてはいけなかったのですよね
ここが『インドである』ということを……

そんな訳で
バスのチケットの片手に席を探す下僕
ちょうど目の前に乗務員の方が居たので
チケットを見せて席を教えてもらったのですが
その乗務員の方が指し示すボックスには
もう既に別のインド人の方がいらっしゃいました

『え?どういうことこれ?』と混乱していると
そのインド人の方が「カモン」と手招きしてます

つまりですね

このベットボックスは基本二人用で
一人分で席を買うと
見知らぬインド人と肩を並べて
この二畳ほどベットで寝ることになるのですよ

まあかろうじて幸運だったのは
このインド人の方が
中々にナイスガイ(アッーー的な意味にあらず)
だったことなのでしょうが

何よりにきつかったのは
このベットのシーツ

路線が始まって
一度も洗ってねえんじゃねえかと
思われるほど珍妙な匂いが漂ってまして

バス代をケチってエアコンなしを
選択したのが運の尽き
バスが停止するとそれにあわせて
バス内の空気も停止しまして
まー鼻につくことつくこと

それでも人間大した物で
少しずつ環境に体と鼻が慣れ始め
うとうとしし始めたと思ったら
隣のインド人の方の寝返りで起こされ
めげずにうとうとし始めたところで
今度はバスがパンクしたらしく
作業音で目が覚めると言う
かなり肉体的なダメージは少ないのですが
精神的なダメージが多い仕様でございました

そんこんなしながらその後
気合で今度こそ深く寝てしまいまして

そしてふと気がつくと
夜も明けておりまして
バスはどこかムンバイの街中を走っておりました

よく見るとほかのお客さんも
半数以上が既に降りておりました

悪い予感が少ししながら
従業員に「CST駅(ムンバイのメイン駅)まだ?」
と聞いたところ
「え?!1時間以上前に過ぎたよ!?」
と大笑いされその場の
ムンバイ郊外のどことも知れぬ
場所に降ろされてしまいました

この時点で私下僕の心は
20%ほど折れてしまっていたですが
『まあタクシーに乗れば何とかなる』と思い直し
なんとかタクシーに乗り込んだのですが
まー遠い遠い

タクシー代だけで
二晩くらいの宿代になる額を取られてしまい
更に心の30%ほどが被弾した訳ですね

『まあ…前にお世話になった宿で
冷たいシャワーでも浴びれば
気分も切り替わるだろう』と思い直し
前回長居した宿へ

宿の門番のおっさんが
『おー覚えてるぞ日本人』とか言って下さり
少々MPが回復した感じで
宿のカウンターにチェックインを頼んだのですが
返ってきた言葉は

「悪いけど満員だから明日来て」
となんとも無情なお言葉

この時点で心の欠損率は
50%を大きく上回ったのですが

『こういうどうにもならない時もある
こんな時は無理をしないでおこう』と
新たな安宿に行くために
最後の気合を振り絞り
タクシーを止めたのです

そのとき下僕に迫る影が一つ
バクシーシの親父でございました

この親父下僕の荷物を勝手につかみ
頼んでも居ないのにタクシーの中に押し込み
さあ金をよこせと居直ってきました

もう精神的にもきつく
かなり余裕も無かったものですから
『うっさい!金をやる気は無い!どっかいけ!』
と手で追っ払いながら
タクシーの運ちゃんに行く場所を伝えていたところ
急に居なくなるバクシーシ

そしてその直後
横に止まってた車の中のご婦人が一言

「あんた!傘取られたわよ!」

振り返って荷物を見ると
その荷物に挿していた
折りたたみの傘が
あのバクシーシに盗まれておりました


ダメでした

心が完全に折れてしまいましたね

ドラクエ風に言うと
『MP0で毒状態でウィンドウが真っ赤』
とでも言いますか

その後別の宿に無事チェックインしたのですが
まーー何もする気にもならず
メシを食う気もほぼ起こらず
宿のベットで一日不貞寝をこいておりました

まあさすが宿で寝ると
大体どのRPGでもMPが回復するように
一晩寝たら大体気力も回復したので
明日の早朝5時の電車のチケットは
既に先ほどゲットしたのですが

つくづく
今現在はインドに滞在しているのだなと
再確認するようには出来事でありましたよ


<<今日の写真>>
P7060311.jpg
そんな訳でスリーパークラスのバス

P7060308.jpg
中は

P7060315.jpg
こんな感じでした

エアコン尽きのスリーパーだと
もう少し快適なのですかねえ……?
スポンサーサイト

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2009/07/07(火) 20:00:58|
  2. ムンバイの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北インド再侵入と洗濯可能な湿度で暑い | ホーム | 一瞬の晴天とザ・ビーチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norahitujinotabi.blog32.fc2.com/tb.php/103-12d0a6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:ノラヒツジ
ニコニコ動画に旅先から動画をアップしてます。
『大陸横断ひつじ旅』

質問感想叱咤もろもろ、ありましたらメール下さると嬉しいです
hitujikaware@hotmail.com
フォローミーとか言えばいいのでしょうか?
ツイッターはじめてみました


今までの移動遍歴。
沖縄→台湾→中国→香港→
中国→チベット→ネパール→インド→
タイ→インド→イエメン→エジプト⇒イラン
⇒トルコ→ブルガリア⇒セルビア⇒モンテネグロ
⇒クロアチア⇒イタリア⇒フランス(通過のみ)
⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン
⇒ポルトガル⇒日本(帰国)⇒バンコク(再就職







<<ただ今の現在地>>>
タイランド バンコク


powered by TomiryuMap
ランキングに参加してみてます
もしよろしければ
↓をぽちっとやって頂けれると嬉しいです

FC2 Blog Ranking
blogramランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

Twitter

羊飼われ < > Reload

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。