南の方からノラヒツジ

このブログはノラヒツジとその下僕がのんべんだらりとバンコクでの生活を綴る、そんなブログです。前は大陸横断とかしてました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入り江な世界遺産とアドリアの城砦

『世界遺産 そこに住まうは 今の人 んな事よりも 晴れてくれ』

ここコトルは随分と歴史が古いらしく、何でも紀元前168年からこの町はあるらしいのだが、
今までの旅で散々紀元前~~年の遺跡を見てきてしまっただけに、
これ位では驚く事が出来ない自分に、少々感覚が麻痺してきている事を自覚するな。

読者の皆様こんにちは、ちなみにこの旅で見た一番古いものはエジプトのピラミッドである我輩である。
まああれは確か紀元前5000年という、もはや反則に近い代物だけに、
引き合いに出すのもためらってしまうな。

さてはて、そんな訳で雷雨やら床下浸水やらで長居してしまったここコトルのレポートである。

まずこの町は四方が山に囲まれ、
IMG_0592.jpg
そこに入り組んだ形のアドリア海に面し、
IMG_0288.jpg

天然の良港として、
IMG_0578.jpg
いくつもの戦乱を抜けてきたらしい。

まあ、のんびりと釣りを楽しむ方皆々様も十分絵になるロケーションだがな。
IMG_0574.jpg


そんな訳でこの町は城壁に囲まれ、
IMG_0463.jpg

更には山の上に防衛の要である城砦を建造し、
IMG_0521.jpg

時に防衛し、時に支配者が代わりながら今日まであるらしい。

さて、城壁の内側である旧市街に入るとまず出迎えてくれるのが、
IMG_0285.jpg
こちらの時計台。
IMG_0452.jpg
何でもこの時計台も数百年前からここにあるらしいのだが。
それ以上にこの町は路地の雰囲気が素晴らしい。
IMG_0591.jpg
方向性は随分と違うのだが、イエメンの旧市街を彷彿とさせる町並みである。
IMG_0410.jpg

これは恐らくなのだが、この旧市街もイエメンの旧市街と同じように、
IMG_0614.jpg
世界遺産でもある旧市街にもかかわらず、今も尚人が住み続けていて、
IMG_0286.jpg
全ての路地全ての道が、現在進行形で生き続けているからの様に、我輩には思える。

そしてまた同じように、路地には路地の主の方々が、
IMG_0530.jpg
我が物顔で闊歩していると言うのも、一要因なのかもしれないな。
IMG_0612.jpg

しかし貴殿は靴屋さんの中でそこまでぐっすり寝るというのは、
少々やりすぎな気がしないでもないぞ。
IMG_0552.jpg

さて、今度は彼が見守る山道入り口より、
IMG_0607.jpg
城壁跡を登ろうではないか。

ちなみにシーズンであれば入場料に2ユーロ必要だったらしいのだが、
現在は絶賛シーズンオフなため、入場無料であった。幸運である。

まあ、下僕は途中からこのちょっとしたトレッキングな山道に、
IMG_0298.jpg
「高台にあるだけで十分難攻不落だろ常識的に考えて……」と自分が運動不足なのを棚に上げて、
IMG_0308.jpg
ぶつくさと文句をのたまっておったがな。

さて、なんだかんだで中腹まで来ると、中々に良い眺めと、
IMG_0630.jpg
これも昔からあると言う、小さな教会が出迎えてくれる。
IMG_0303.jpg
シスター殿、お掃除まさか毎日来てらっしゃるのか?
IMG_0329.jpg
なのだとしたら、随分とたくましいであるなあ。

しかし良い眺めだ。
IMG_0296.jpg
城壁都市コトルを一望であるなあ。

この教会を裏から見ても、コントラストがまた良い。
IMG_0627.jpg

さて、下僕が情けない事に何度も休み休み、
IMG_0620.jpg
最終的に一時間以上掛かったものの、
IMG_0309.jpg
何とか無事に頂上の城跡へ到着だ。
IMG_0312.jpg
うーん、見事なまでに朽ち切っておるなあ……
なんでも地震で何度も壊されてしまい、現在『存続が危ぶまれる世界遺産』の一つなんだそうだ。

しかし其れはさておき、絶景である。
IMG_0652.jpg
この海と山と空のバランスが何とも言えない。
IMG_0300.jpg
この風景が見られただけでも、
IMG_0641.jpg
明日を筋肉痛の地獄に怯える下僕に、
無理をさせた甲斐があると言うものだ。

ちなみに余談であるが、下僕的には登りよりくだりの方が足に来たらしく、
IMG_0653.jpg
山を降りきった状態で、少々足が笑っていたらしい。
全く軟弱なものだ。

さて、晴れ間雨間を縫いながら、この町の昼も夜も山も楽しんだ。
IMG_0566.jpg
この紳士殿から買った生ハムも、ちょうど食べきったのだから、
IMG_0540.jpg
いい加減新しい国に移らねば、年末が越せないぞ?

何?明日から晴れるのは良いが、
それに伴って大寒波がヨーロッパから来襲するとな?

ふむ……まあがんばれ下僕よ。


_______________________以下下僕よりコメントお返事 ______________________

>>Rarpin02さん
おまわりさんーーー!!
ここに危険思想者がいますよーー!!(挨拶)

個人的にキリスト教の経典自体はそんなに好きではないのですが
こういったイベントごとは楽しいです

>>えんぱーさん
やっと西洋圏に来た事を自覚しましたね
ミサに参加してみてw

>>yammerさん
おまわりさーーん!!
こいつもでーーーす!!(挨拶)

こういった地域信仰って日本人には皮膚感で
どうしても分からない感じがしてしまいますねえ
まあガキンチョのメンタルは万国共通っぽいですけどねーw


スポンサーサイト

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/10(金) 01:28:21|
  2. コトルのボス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ノラヒツジ

Author:ノラヒツジ
ニコニコ動画に旅先から動画をアップしてます。
『大陸横断ひつじ旅』

質問感想叱咤もろもろ、ありましたらメール下さると嬉しいです
hitujikaware@hotmail.com
フォローミーとか言えばいいのでしょうか?
ツイッターはじめてみました


今までの移動遍歴。
沖縄→台湾→中国→香港→
中国→チベット→ネパール→インド→
タイ→インド→イエメン→エジプト⇒イラン
⇒トルコ→ブルガリア⇒セルビア⇒モンテネグロ
⇒クロアチア⇒イタリア⇒フランス(通過のみ)
⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン
⇒ポルトガル⇒日本(帰国)⇒バンコク(再就職







<<ただ今の現在地>>>
タイランド バンコク


powered by TomiryuMap
ランキングに参加してみてます
もしよろしければ
↓をぽちっとやって頂けれると嬉しいです

FC2 Blog Ranking
blogramランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

Twitter

羊飼われ < > Reload

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。