南の方からノラヒツジ

このブログはノラヒツジとその下僕がのんべんだらりとバンコクでの生活を綴る、そんなブログです。前は大陸横断とかしてました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入り江な世界遺産とアドリアの城砦

『世界遺産 そこに住まうは 今の人 んな事よりも 晴れてくれ』

ここコトルは随分と歴史が古いらしく、何でも紀元前168年からこの町はあるらしいのだが、
今までの旅で散々紀元前~~年の遺跡を見てきてしまっただけに、
これ位では驚く事が出来ない自分に、少々感覚が麻痺してきている事を自覚するな。

読者の皆様こんにちは、ちなみにこの旅で見た一番古いものはエジプトのピラミッドである我輩である。
まああれは確か紀元前5000年という、もはや反則に近い代物だけに、
引き合いに出すのもためらってしまうな。

さてはて、そんな訳で雷雨やら床下浸水やらで長居してしまったここコトルのレポートである。

まずこの町は四方が山に囲まれ、
IMG_0592.jpg
そこに入り組んだ形のアドリア海に面し、
IMG_0288.jpg

天然の良港として、
IMG_0578.jpg
いくつもの戦乱を抜けてきたらしい。

まあ、のんびりと釣りを楽しむ方皆々様も十分絵になるロケーションだがな。
IMG_0574.jpg


そんな訳でこの町は城壁に囲まれ、
IMG_0463.jpg

更には山の上に防衛の要である城砦を建造し、
IMG_0521.jpg

時に防衛し、時に支配者が代わりながら今日まであるらしい。

さて、城壁の内側である旧市街に入るとまず出迎えてくれるのが、
IMG_0285.jpg
こちらの時計台。
IMG_0452.jpg
何でもこの時計台も数百年前からここにあるらしいのだが。
それ以上にこの町は路地の雰囲気が素晴らしい。
IMG_0591.jpg
方向性は随分と違うのだが、イエメンの旧市街を彷彿とさせる町並みである。
IMG_0410.jpg

これは恐らくなのだが、この旧市街もイエメンの旧市街と同じように、
IMG_0614.jpg
世界遺産でもある旧市街にもかかわらず、今も尚人が住み続けていて、
IMG_0286.jpg
全ての路地全ての道が、現在進行形で生き続けているからの様に、我輩には思える。

そしてまた同じように、路地には路地の主の方々が、
IMG_0530.jpg
我が物顔で闊歩していると言うのも、一要因なのかもしれないな。
IMG_0612.jpg

しかし貴殿は靴屋さんの中でそこまでぐっすり寝るというのは、
少々やりすぎな気がしないでもないぞ。
IMG_0552.jpg

さて、今度は彼が見守る山道入り口より、
IMG_0607.jpg
城壁跡を登ろうではないか。

ちなみにシーズンであれば入場料に2ユーロ必要だったらしいのだが、
現在は絶賛シーズンオフなため、入場無料であった。幸運である。

まあ、下僕は途中からこのちょっとしたトレッキングな山道に、
IMG_0298.jpg
「高台にあるだけで十分難攻不落だろ常識的に考えて……」と自分が運動不足なのを棚に上げて、
IMG_0308.jpg
ぶつくさと文句をのたまっておったがな。

さて、なんだかんだで中腹まで来ると、中々に良い眺めと、
IMG_0630.jpg
これも昔からあると言う、小さな教会が出迎えてくれる。
IMG_0303.jpg
シスター殿、お掃除まさか毎日来てらっしゃるのか?
IMG_0329.jpg
なのだとしたら、随分とたくましいであるなあ。

しかし良い眺めだ。
IMG_0296.jpg
城壁都市コトルを一望であるなあ。

この教会を裏から見ても、コントラストがまた良い。
IMG_0627.jpg

さて、下僕が情けない事に何度も休み休み、
IMG_0620.jpg
最終的に一時間以上掛かったものの、
IMG_0309.jpg
何とか無事に頂上の城跡へ到着だ。
IMG_0312.jpg
うーん、見事なまでに朽ち切っておるなあ……
なんでも地震で何度も壊されてしまい、現在『存続が危ぶまれる世界遺産』の一つなんだそうだ。

しかし其れはさておき、絶景である。
IMG_0652.jpg
この海と山と空のバランスが何とも言えない。
IMG_0300.jpg
この風景が見られただけでも、
IMG_0641.jpg
明日を筋肉痛の地獄に怯える下僕に、
無理をさせた甲斐があると言うものだ。

ちなみに余談であるが、下僕的には登りよりくだりの方が足に来たらしく、
IMG_0653.jpg
山を降りきった状態で、少々足が笑っていたらしい。
全く軟弱なものだ。

さて、晴れ間雨間を縫いながら、この町の昼も夜も山も楽しんだ。
IMG_0566.jpg
この紳士殿から買った生ハムも、ちょうど食べきったのだから、
IMG_0540.jpg
いい加減新しい国に移らねば、年末が越せないぞ?

何?明日から晴れるのは良いが、
それに伴って大寒波がヨーロッパから来襲するとな?

ふむ……まあがんばれ下僕よ。


_______________________以下下僕よりコメントお返事 ______________________

>>Rarpin02さん
おまわりさんーーー!!
ここに危険思想者がいますよーー!!(挨拶)

個人的にキリスト教の経典自体はそんなに好きではないのですが
こういったイベントごとは楽しいです

>>えんぱーさん
やっと西洋圏に来た事を自覚しましたね
ミサに参加してみてw

>>yammerさん
おまわりさーーん!!
こいつもでーーーす!!(挨拶)

こういった地域信仰って日本人には皮膚感で
どうしても分からない感じがしてしまいますねえ
まあガキンチョのメンタルは万国共通っぽいですけどねーw


スポンサーサイト

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/10(金) 01:28:21|
  2. コトルのボス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サンタオブオリジンにモンテネグロで出会う

遂に一昨日このコトルに地にも晴れ間が覗き
必死に観光やら裏手の山なんぞを登り
その麓にある古城を体験してきたのですが
しみじみと防衛するが
高台に砦を建造する理由が分かりました

皆様ドーバル・ヴェチェル
一時間以上の上り続ける必要がある
坂道&階段と言うのはそれでだけで
十分に防衛力があるのではないかと
そんな事を思ってしまった下僕でございます

ああ
太ももの筋肉痛がががががg

さてはて
そんな筋肉痛に襲われ
ついでに再び雨がざんざかと降り始めたので
宿で写真の整理やら何やらをしているともう夕暮れ
お腹も空いてきたので夕飯の買出しへと
市内にくり出しますと
昼間なら入場料が必要な
教会の入り口が開放されておりました

何かいな?と覗いてみますと
どうもこれからミサがあるらしく
結構な地元民の方が集まっております

んで
そういえばこの旅で
チベットやらインドやらのお祈りや
イスラムのコーランなんかには参加してましたけど
キリストさんのミサには参加してなかった事に気がつき
入場料も要らないようなので
こりゃグッドタイミングだと末席の辺りにちょこんと紛れ込み
ミサを体験してみました

さてミサが始まると
まずは流れるパイプオルガン音
この際下僕の脳裏にはRPGのラスボス戦が過ぎったのですが
まあそれはそれとして
『おお!本格的だ!』と喜んだのもつかの間
良く見ると壁に備え付けのパイプオルガンは使用されておらず
シスターのおっかさんが普通にキーボードで演奏してました……

まあそれは『まあそんな事もあるさと』と
思い込む事で問題を解決し
真摯にミサに紛れ込んでみた訳です

さて
下僕体験したミサの大まかな流れは

皆でゴスペルを歌う→神父様のお話→
ゴスペル→神父様の聖書読み→ゴスペス…(以下ループ)
とまあこんな感じでございまして
正直こんなに一回のミサでゴスペル歌うものだとは
全く思わなかったのです

更にミサ参加者はゴスペルだと終わりに十字を切ったり
聖書の朗読中に良いタイミングで「アーメン」とかいう作法がある訳です

んで
ゴスペルも神父さんのお説教も
全部モンテネグロ語なもんで
内容なんぞはおろかタイミングすら推測出来ない訳でして……

結果
ゴスペル最後に回りをキョロキョロ見渡し
回りの動作に必死にあわせる不審者的
アジア人がその教会の中に誕生


まあこの国はそこまでタイトに
信仰に厳しい訳でもなかったらしく
ミサの途中途中でどなたかのカメラのフラッシュがたかれていて
人も通路をちょこちょこ歩いていたので
下僕も一安心とカメラを取り出し
教会内のミサの写真を撮ろうと
前の方に移動を開始しておりますと
最前列の長椅子に
可愛らしい衣装を着た
ようじょちびっ子が並んでおります
良く見るとどうも天使か妖精のコスプレ仮装の様子

ん?このミサは普通のミサではないのかいな?

とそんな事を思いながらシャッターを切り続け
気がつくと今回のミサも終わりの様子

先ほどのコスプレ幼女ちびっ子達が正面に集まり
何かが入ったバスケットを持ってきました

そしてそのちみっ子に連れられて脇より現れ出でたのは
白い髭の仮装をつけた若い神父さん

そしてそのバスケットに入っているのは
大量のお菓子が入った袋……

この瞬間下僕の脳裏に電撃が走るっ……!!
これはもしかして……?

閃く物があり横のおっちゃんに
「あの髭は誰だ?」と聞きますと
「ああ彼はセントニコラウスだよ」
「今日12月6日は彼ニコラウスの記念日なんだよ」と回答

セントニコラウス

冤罪の人々を救う聖者にして
学問や海運の守護聖人


そして

「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。
ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。
このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。
この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている
wikiより抜粋

子供の守護聖人

つまり

サンタクロースのモデルと言われる人ではないですか!!

なるほど道理ででミサが長い上に
どうもちびっ子がミサの参加者に多い訳だ

なんという偶然
今日雨が降っていなければ
そして良いタイミング買出しに行こうと思わなければ
このミサに参加しなかったであろう事を考えると
随分な幸運に恵まれた気がしますね

これもセントニコラウスさんの
思し召しでしょうかねえ

さてこのミサは
このニコラウスさんのお菓子振る舞いで幕を閉じるのですが
ちょっと面白かったのが悪知恵の働くガキンチョ

彼は一個貰ったと思ったら
慌てて両親の元に戻ってお菓子を預け
更にもう一個貰っていく
何とも知能犯的な犯行に出てました

なんと言うか
そんな悪知恵が働くゲキンチョが
非常に憎めない感じがして
それも含めで
何とも良い経験させてもらったなあと
そんな事を思った下僕なのでしたよ

あ?お菓子ですか?
そんなガキンチョを生温かい目で見ていたら
あっという間に売り切れになって
貰い損ねてしまいましたねえ

ってかあれって
キリスト教じゃない人間が
貰ってもいいものなのかしらん?


<<本日の写真>>
そんな訳で昼間はこんな感じで
IMG_0274.jpg

夜はこんな感じの
IMG_0659.jpg
立派な教会でミサが行われていたのです
なお右側の塔は鐘塔です

朝夕関係なく
時刻分鐘が鳴らされるので
早朝の薄らぼけた下僕の脳みそでも
目をつぶったまま時刻が分かります

たまにうるせえです

さてその教会内部でのミサの一コマ
IMG_0663.jpg
ちなみに入る時点で普通は2ユーロ掛かりますが
この日はフリーでございました
ビヴァ!祭日!!

そして神父様の聖書朗読
IMG_0684.jpg
内容がさっぱりでしたが
それより面白かったのがゴスペル

後ろに座ってた恰幅の良いお母さんの歌声が
エライ綺麗に響いて驚きました
あんな名物ぽいお母さんって
多分西洋の教会のどこにでもいたりするのかもしれませんねー

そして神父様の祝福として皆何か
クッキーっぽい貰ってました
IMG_0689.jpg
恐らく聖餅って奴だと思います

そして皆お待ちかね!
IMG_0699.jpg
お菓子配布タイムでございます

君たちはあれだな
IMG_0702.jpg
この時の為に1時間近くも待ち続けていたのだろうな

下僕は知っているよ
君らがとても暇そうに頬杖をついて
『早くお菓子もらえないかなー?』と
両足をぷらぷらさせてお母さんに怒られていた事を

しかしちみっ子の仮装が可愛らしいったらないですね
PC061207.jpg

まさに『お人形さん』のようですね
IMG_0708.jpg

しかし家族や地域ぐるみで年に数回こういったも催しがあるってのは
やっぱり地域社会的にも重要な気がしますね
IMG_0712.jpg

箱庭系のゲームで『教会』が重要になる理由が
IMG_0706.jpg
なんとなく分かる気がします


さてそろそろ写真も溜まってきたので
ボスにこの町レポートを書いていただいて
いい加減この町を出ますかねー




_______________________以下下僕よりコメントお返事 ______________________

>>yammerさん

ええ何も問題はありませんよ?
ええ勿論です(明後日の方角を見据えながら)


>>Rarpin02さん
商業目的とかに使うのでなければ
全然つかっちゃってOKですよー

あと生ハム
期待したほどは無かったです・・・


>>leftyben0305さん
下僕も準備撤収が大変でございますよーw

そして二重虹の配色の件
よく気がつきましたね!!

下僕は全然気がつきませんで
コメント頂いてから確認しましたww

そこに気がつくとは……
やはり天才か……?

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/08(水) 08:39:12|
  2. コトルの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

晴れ間雨間の一風景

本日は何とか曇り
午前中に雨が降らないとか
エライ久しぶりな感じがします

皆様ドーバール・ヴェチェル

もしかしたら前の日に飲みすぎて
午前中寝ていた日に
雨が降ってない無かった日があったかもしれませんが
記憶に無い以上存在していなかったと
シェレディンガーの猫的論法で
自己責任を華麗に避ける下僕でございます

いやいや確かに
ビールの2リッターやワインの1ボトルが
双方共に1.5ユーロから飲めると言う事実がありますけども
それは単なる状況証拠ですので
法的な物証にはなりません

……何か問題がありますか?

これ以上の告発を望むのであれば
下僕は法廷で争わざるを得ませんよ


さてはて
久しぶりに午前中に起きた時間に
雨が降っていなかったもんで
ちょっくら買出し&コトル散歩としゃれ込んだ私下僕

実はコトルの正門を出てすぐの場所には
午前中しか開いていないちょっとしたマーケットがありまして
自炊して長旅をしている者としては
こういった地元密着型のマーケットを活用する事が
非常に有効な手段だったりするんですね

さて
海外では欠乏しやすい生野菜やらに加えて
ついでにもう寿命に近く穴が開いていた
靴下の予備だったりソフィアで紛失したナイフやらを
交渉を交えながら買ったりして
(靴下&ナイフ纏めて3.5ユーロにてゲット)
結構ホクホクな気分でマーケットを冷やかしていましたところ
やっぱり雨が降ってきやがりました

んで

『あーこれでもう今日は外での活動終わりかなー』と
雨宿りをしつつ恨みがましい目で
雨雲を睨んでいました所
隣で同じく雨宿りしていたおっちゃんが
ちょいちょいと下僕の方を叩き
空を指差しております
何かいな?とおっちゃんの指差すほうを見ますと

     


いやはやこの旅をして結構な経過してますけど
こんなに立派でくっきりとした虹を見たのは
初めてかもしれないです

ってかあれですね
この下僕の人生で見た虹の中でも
かなりトップクラスの美しさ名
良い感じの虹でございました

散々雨に苦しめられて居る下僕ですが
この虹一つで報われた気分すらしてしまいましたよ

さて良い感じの雨からの贈り物も頂きましたので
神様も仏様でも精霊でも妖怪でもどなたでも構いませんから
ここコトルの天候を担当をされている方
そろそろ青空を見させてもらえませんかねー?

<<本日の写真>>
そんな訳本日も絶賛曇天でございました
IMG_0541.jpg

まあ雨が強く降ってこなかっただけましな天気だったので
IMG_0539.jpg

市場にくり出すことに成功しました
IMG_0532.jpg

今日のお買い物で一番高かったのが
IMG_0537.jpg

その場で薄切り量り売りの生ハム
薄切り5枚で2ユーロもしました
一枚は大きいので今日の夜のアテに十分だったりします

IMG_0531.jpg
柿なんかも売ってるんですねー

そして雨続きの憂鬱を吹き飛ばしてくれたこちら!!
IMG_0500.jpg

虹だーー!!

IMG_0495.jpg
しかもこの虹よく見ると二重になってます
こんなにくっきりとした虹は
この旅で色々な事にすれていた下僕でも
素直にエラク感動してしまいましたね
IMG_0502.jpg
ボスもご満悦ってなもんです

その後日が落ちてきて
IMG_0547.jpg

夕日も中々に見事なもんなのでしたが
IMG_0524.jpg
そろそろ切実に
スカッと晴れた青空がみたいなあ


_______________________以下下僕よりコメントお返事 ______________________

>>Rarpin02さん
今回の写真はかなり
ご希望にお答えしている感じの写真かと思います
如何でしょうか?

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/05(日) 05:53:26|
  2. コトルの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

晴れてくれとはもう言わない……

恐るべき事にもう師走
今年も残すところを1ヶ月を切ってしまったのですね

読者の皆様ドーバル・デン

師走は読んで字の如く
『師匠』と言われるいつもなら落ち着いている身分の人でも
忙しさのあまり走り回ると言う意味から
師走と名前が付いたらしいですが
『年末進行』や『仕事納め』と言った
ある種の職業の方々には呪詛を投げかけたい言葉の元
読者の皆様も走り回ったり
また逆に走りまわされたりしているのでしょうか?

しわすわすわすしわすわす
あわせてわすわすやわすわす

師走になるとその呪詛的言霊を
忘年会と言うブーストを繋いで
何とかねじ伏せていた気がする下僕でございます

わすわす

まあその分脳みそと肝臓が
何やら奈良漬になりそうだった気もしますがね

さてはて
そんな師走の話はおいておいて
この世界遺産の街でもあり
隣の国までバスでも3時間と掛からないこの街
コトルに到着して早1週間以上が経過しようとしているのですが……

天気が全く良くならねえ!!

つーかあれなんですよ
次の国もその次の国も
ここモンテネグロよりは確実に物価が高く
そんな物価の高い場所で
宿に缶詰とか真っ平ゴメンだと
ここコトルにて毎日MSNの国際天気予報を
恨みがましく睨んでいたのですが……

ここ10日間の天気の中で
ろくに晴れのマークを見た記憶がございません

と言うかあれです
実際にちゃんと青空と太陽を
見た記憶が殆どにねーです

正直もう雨音を聞きたくないです……

しかも恨めしい事に
今後も10日間の間の予報で
2日と晴れる日が殆どないんですよねえ

ここまで長雨にやれてるとは
正直予想外でございました

もう雨でもしかたないから
強行で移動してしまいましょうかねえ

なんとも本当に
心の底から快晴が
恋しくて仕方が無い
そんなコトルの下僕でした

え?今日ですか?

ドンでもなくどん曇りな上に
市内の道の排水溝が
絶賛氾濫してましたが何か?

更にその排水のおかげで
宿のネット回線が断線とかで
数日に渡って宿でネットが出来ず
無線ネット回線のある喫茶店で
一杯1ユーロのお茶を頼んで
エライ長居して記事やらニコ生放送をしていたりしますが
何か?

<<本日の写真>>
そんな訳でこんな天気が
IMG_0484.jpg
延々と続いておりまする

これはこれで風流かな?なんて思ったのも
IMG_0475.jpg
最初の三日が限度でしたね

しかも街自体が海抜が低い上に
四方が山に囲まれている為
IMG_0483.jpg
雨水だか海水だかよく分からん水で
市内が多少水没しやがったりしまする

んで夜になると
IMG_0518.jpg
微妙に晴れるってのが

また何とも
IMG_0523.jpg
不愉快な気分だったりします

まあ確かにこんな雰囲気も悪くは無いのですが
やっぱり飽きます はい


_______________________以下下僕よりコメントお返事 ______________________

>>チョコ☆バナナさん
>>yuさん
世界は広いですねえ本当にww
恐らく世界で一番視聴率が良い
天気予報じゃないですかね?


>>ゆきつぐさん
学生さんの旅のお手伝いになれたのなら
こんなにうれしいことは無いですね
ただ英語のの勉強よりも
学生の本分である青春の謳歌もお忘れなくw
旅は何歳でも出来ないことは無いですが
青春の謳歌はその時分でしか出来ませんのでねーー

ええ泣いてないですよ
ええ ええ ……

>>えんばーさん
まー色々な人が居ますよー
んで大体こんな時期に一人で旅をしている
日本人の方と飲むと共通意見として
『この中では一番自分が真人間である』と言うもの

ええ勿論下僕も同意見ですが
奇人変人ばっかりに見えます

下僕は比較的まともです

たぶん


>>しんべえさん
ニコ生の事故
来週こそは無くなる様にしたいですなあ


>>yammerさん
お楽しみ頂けてる様で何よりですー
国内も実は下僕も行ってみたかったりします

殆ど回った事無いんですよ日本w

>>Rarpin02さん
英語の勉強も大切ですが
青春もお忘れなく!!

……泣いてないよ?(何か思い出した模様)


>>namelessさん
春ちゃん可愛い
さすが信頼の日本ブランドである


>>えにぐまさん
雨で物理的精神的に
缶詰食らってました
ご心配かけて申し訳なかったです

下僕は二日酔いで死ぬほど反省できるくらい
健康体でございまする

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/04(土) 03:56:59|
  2. コトルの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボスニアの天気予報が素晴らしい

コトルに到着して6日間
雨のち時々晴れな日々が続き
ボスレポート用の写真があんまり増えないもんで
宿に缶詰なボスの機嫌がよろしく無い感じだったりします

皆様ドーバール・ヴェチェル
毎日の様に落ちる雷にも
少々慣れてきてしまっている下僕でございます

落雷で強制起床ってのも
結構オツなもんです
心臓止まるかと思うくらい驚きますけどね

さてはて
そんな訳でここ数日
晴れ間を縫って写真を取る以外は
宿に閉じ込められる生活だったりしまして
同宿の方と飯やらお酒やらを楽しむ以外に
何にも出来ない感じだったりするんですね

んで
今の宿には3人も日本人の方が居るもんで
情報交換やらなんやらをしているのですが
そんな話で出てきた話

『ボスニアの天気予報がヤバイ』


どうヤバイんですかー?と聞きますと
このネット時代のご時勢
YOUTUBEに動画を発見しました

注:お子さんや彼女さんが回りに居る方はご注意





エロッ!!!

なんでもこんな天気予報が
普通に民放で流れているらしく
バーなんぞに行くとお父さん方が
『おい!!天気予報が始まるぞ!!』
皆でバーのTVの前に釘付けになるそうです

うーん素晴らしい
何とも中欧の深遠さを
しみじみと感じてしまった下僕なのでございましたよ

え?何ですか?
関連する動画を見るのが止まらないですって?


  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´


<<今日の写真>>
今回はお休み



_______________________以下下僕よりコメントお返事 ______________________

>>ukonさん&鵺太郎さん
お楽しみいただけているようで何よりです
ただそんなに憧れて頂けるほど
大したことはしてないんですけどねーw

>>Mさん
スイマセン
メールの方は見る機会が少ない上に
下僕がメールが苦手なもんで
返信がエラく遅れてしまっているのが現状です

今週中には全てのメール返信予定ですので
もう少しお待ちください

>>temsawyerさん
お久しぶりですー
と言いたい所ですが
その名前だとどなたか分からないです……
非公開のコメントで
詳しく素性を教えてくださいw

あとオーロラいいですねー
何時かみたいものの筆頭ですねオーロラ

>>えんばーさん
実は今の宿にキッチンがあるもんで
色々作っていたりするんだぜ

[ボスニアの天気予報が素晴らしい]の続きを読む

テーマ:ユーラシア横断 - ジャンル:旅行

  1. 2010/11/26(金) 03:03:18|
  2. コトルの下僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

Author:ノラヒツジ
ニコニコ動画に旅先から動画をアップしてます。
『大陸横断ひつじ旅』

質問感想叱咤もろもろ、ありましたらメール下さると嬉しいです
hitujikaware@hotmail.com
フォローミーとか言えばいいのでしょうか?
ツイッターはじめてみました


今までの移動遍歴。
沖縄→台湾→中国→香港→
中国→チベット→ネパール→インド→
タイ→インド→イエメン→エジプト⇒イラン
⇒トルコ→ブルガリア⇒セルビア⇒モンテネグロ
⇒クロアチア⇒イタリア⇒フランス(通過のみ)
⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン
⇒ポルトガル⇒日本(帰国)⇒バンコク(再就職







<<ただ今の現在地>>>
タイランド バンコク


powered by TomiryuMap
ランキングに参加してみてます
もしよろしければ
↓をぽちっとやって頂けれると嬉しいです

FC2 Blog Ranking
blogramランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

Twitter

羊飼われ < > Reload

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。